出産内祝いマナー.jp

最初に

赤ちゃんの手

自分に子どもが生まれたら、周りの人がたくさん、その子の誕生のお祝いをしてくれるでしょう。
お祝いをいただいたら、お返しとして、出産内祝いを贈るのが、礼儀です。
でも、出産を初めて経験する人は、出産内祝いが一体何なのか、はっきり分からないという方が多いのではないでしょうか。

 

当サイトでは、そんな方の為に、贈る時期や相場から、熨斗、おすすめのギフトに至るまで、出産祝いに関する様々なマナーについて、まとめました。
ご参考になれば、幸いです。

 

 

目次

 

 

 

出産内祝いって何?マナーを知る前の基礎知識

そもそも出産内祝いとは、何なのでしょうか?
その意味は、現在と、少し前の世代とでは、異なるようです。
まずは、その意味から見ていくことにしましょう。

 

内祝いとは?

何かめでたいことがあれば、親しい友人知人からお祝いの品をいただくことが多いと思います。
それに対して行われるお返しの気持ちが内祝いです。
内祝いには慶事に従って、様々なものがあります。
結婚内祝い、出産内祝い、新築内祝い、入学内祝い、成人内祝い、就職内祝いなどですが、これらの他にも何かめでたいことがあり、お祝いをいただくと、それに対しての返礼が全て内祝いとなります。
出産内祝いも、この一種となります。

 

内祝いの本来の意味は今とは違う!

内祝いは現在ではお返しとして認識されていますが、本来はお返しという意味では使われていません。
むしろお返しをいただくまえに、こちらから(内から)外に向かって、「こんなにめでたいことがあったからみんなで祝おう」というのが本来の内祝いだったのです。

 

現代の出産内祝いの意味

では、現代の「出産内祝い」とは、どういった位置づけなのでしょうか?

 

赤ちゃんが産まれたら、すぐにそのことが、友人知人に知れ渡りますよね。
そうすると、翌日くらいから、母子のお見舞いを兼ねてのお祝いが届くことでしょう。
お祝いについては、現金もあれば品物もあり、内容は千差万別です。

 

いただいた贈り物に対して、お返しをするのが現代の出産内祝いです。
お祝いをしてくれた人にのみ、お返しをするということですから、お返しの品も選びやすく、合理的ともいえます。
ここで注意しておきたいのが、お礼の手紙やメッセージなどに書く言葉として、「お返し」という言葉は使ってはいけないということです。
出産内祝いを贈る際のマナーですから、気をつけるようにしましょう。

 

 

出産内祝いのマナー<金額相場ってどれくらい?>

出産内祝いの意味を知ったところで、次に気になるのは、その金額や相場ですよね。
お返しの金額は、あまりに高すぎても低すぎても、失礼にあたります。
では、どれくらいが、適切なのでしょうか。見ていくことにしましょう。

 

昔ながらの出産内祝い

赤飯

先程も説明したように、本来、内祝いというものは、お祝いをしてもらったお返しというものではありませんでした。
むしろ、出産した側が生まれた子のお披露目も兼ねて、友人知人、町や村の名士を招待して宴をする、あるいは各家を訪問してお餅やお赤飯をふるまうといったものだったのです。
ですから、本来の出産内祝いに相場というものはありませんでした。

 

それに対して、お祝いをする側は、一升瓶を抱えてきたり、お米を持ってきたり、とりあえずお金を持ってきたという人もいて、何か思案をしてお祝いの品を持ってくるというものではなく、近くにあるものをお祝いの品としていたようです。
これは、もともと村が一つの家族として機能していた時代の名残ともいえますし、その風習は明治以前の、かなり古い時代から存在するものだったようです。

 

現在の出産内祝いの相場とは

昔と比べて現在は、近所づきあいは希薄になりましたし、村と言っても、昔ほどの家族意識はないでしょう。
そのような時代の流れの中で、出産の知らせを聞いて親しい人だけがお祝いをしてくれるようになり、そのお祝いをしてくれた人に対して内祝いをするようになりました。

 

基本は半返しで!

くまのぬいぐるみ

お祝いでいただくのは、お金だけではありません。
いずれ必要だからと玩具セットをくれる人もいれば、ベビーカーといった人もいます。

 

内祝いの金額の相場ですが、大体、通例では3分の1〜半額程度とされています。

 

特に現在は、友人や知人などに対しては、「半返し」が主流とされています。
お祝いの金額は1万円が多いとされているので、この金額ですと5千円の内祝いを贈ることになります。

 

いただいたのがお金であれば、お返しの額も分かりやすいですが、品物の場合、よくわかりませんよね?
そういった場合は、おおよその金額で構いません。
ですが、正確な額を知りたい!という場合には、いただいたものをこっそりインターネットで検索すると、大体の正確な値段が出るでしょう。

 

高額のお祝いをいただいた時は

ご祝儀袋

また、親戚や会社の上司などから、高額のお祝いをいただくこともあります。
その際は、申し訳ないから高額の出産内祝いにしなくては、と思いがちですが、先方もそのようなことを望んでお祝いをくれたわけではありません。
あまり高額の内祝いを贈ってしまっては、かえって失礼に当たるので、3分の1程度の金額で問題ありません。
どうしても困ってしまった場合は、両親に相談してみると良いでしょう。

 

 

出産内祝いのマナー<時期編>

出産内祝いを贈る上で気をつけておくべきマナーのひとつに、時期のことがあります。
贈る時期をはずしてしまうと、先方に、失礼なやつだという印象を与えかねません。
では、いつ贈るのが、よいのでしょうか?

 

出産内祝いを贈る時期はいつ?

出産内祝い

出産内祝いを贈る時期としては、大体お宮参りの頃だとされています。
これは生後1ヶ月くらいの、首がすわった時期ということになるのですが、お宮参りも地方によっては生後3ヶ月になるなど、時期がまちまちです。
あまり遅れてもいけませんので、生後1ヶ月前後くらいには出産内祝いをすると考えていいでしょう。
もっとも、出産前から内祝いの品を考えておくなどの準備をしておくのは悪くありません。
出産後はいろいろな面でバタバタしますので、先に品物にアタリを付けておく方が、あとで慌てなくていいと思います。

 

当然ですが、お祝いをしてくれる時期もまちまちです。
他の人に内祝いを贈った後に、出産を遅れて知ったという方から、お祝いをもらう場合があります。
そういう場合は、その都度、内祝いを送るといいでしょう。

 

感謝の気持ちを真っ先に伝えること!

それと、もうひとつ大事なことを。
出産祝いをいただいてから、内祝いを贈る1ヶ月間、何もしないというのはいけません。
まず、お祝いをいただいたら、すぐにお礼を言いましょう。
電話でもいいですし、手紙をしたためるのでも構いません。
きちんと、感謝の気持ちを伝えること。
当たり前のことですが、とても大事なことです。

 

 

出産内祝いにおすすめのギフトとは?

出産内祝いを贈る時期や、金額相場について、今まで見てきました。
基本的なところをおさえた上で、次に知りたいのは、おすすめのギフトはどのようなものか、ということですよね。
いくつかご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

出産内祝い・お返しは何がいい?

基本は生活必需品で使用したらなくなる物などが定番として考えられます。
具体的には、下記のようなものが挙げられます。

カタログギフト

今では、定番のギフトとして確固たる地位を築いているといってもいいでしょう。
人の好みは全く同じではないので、いただいたお祝いに対して、1人1人に見合った商品を選ぶのは、とても大変なことです。
そんなときに、カタログギフトがあれば、自分で欲しいものを選んでもらえますので、とても手軽にすみます。

 

気持ちがこもっていないという批判もありますし、自分の好みでギフトが選べるので便利、という意見もあって、賛否が分かれるカタログギフトですが、現在はカタログギフトにプラスワンで一品添える出産内祝いが流行っています。
この一品はなんでもいいのですが、タオルや石けん、あるいはスイーツといった手軽なものを添えてのカタログギフトは、逆に気持ちのこもったものになると、好評なようです。

出産内祝いにおすすめのカタログギフトはこれ!

出産内祝いにおすすめのギフトカタログ

出産内祝いにおすすめのカタログギフトは、ソムリエアットギフトの「Ciao(チャオ)」というカタログです。

 

かわいらしい表紙の、出産内祝い用のカタログギフトです。
業界ナンバーワンの商品掲載数で、全6コースというラインナップ。
サイトで電子カタログが見られるので、どんな商品があるのか、すべてを確認することが出来ます。
熨斗や包装についても、色々選ぶことが出来て、とても便利なカタログギフトです。

 

参考:カタログギフトランキング.net|評判を比較!即日発送&割引も 様


 

百貨店・デパートのギフトコーナーで選ぶ

百貨店

デパートのギフトコーナーなどはアイデアの宝庫ですから、参考がてら足を運んでみるといいと思います。
一般的にはタオルやお風呂セットなどの消耗品が多いようです。
また、地下のスイーツコーナーのお菓子というのも、最近は人気なようです。
お子さんがいる家庭や、甘いものが好きな人へ贈るなら、デパ地下の焼き菓子セットやゼリーのセットなどは好評です。

 

百貨店であれば、何円くらいのセット、とまとまってパッケージ化されていることがほとんどで、見た目も良いので、選びやすいかと思います。
迷ったときは、経験豊富な販売員に聞いてみると良いでしょう。

 

商品券

出産内祝いに商品券

商品券あるいはギフト券などを内祝いとして贈る人も少なくないようです。
目上の人には失礼になる可能性もあるので誰にでも、というわけにはいきませんが、下手に好みでないものをもらうよりも、シンプルでいいと昨今では人気です。
ネットをよく利用する人でしたら、Amazonギフト券などはすごく喜ばれるでしょう。
ただし、露骨でいやらしいという意見の方もいるようですから、贈る際、特に年配の方には注意が必要です。

 

出産内祝いで贈ってはいけないものとは?

出産内祝いに、タブーの品というものは、基本的に存在しません。
ただし、お祝いの贈り物全般においてのタブーの品、たとえば、上司に履物を贈ったり、日本茶や刃物を贈る、などは、慶事である出産内祝いにはふさわしくないとされています。
ですが、これも地方によってOKとなるものであったり、年代によっては、まったく気にしないという人も多くいます。
自分の住んでいる地域や親戚によっても変わってくるので、難しいところです。
商品券のときもそうですが、上司や目上の人、年配の人に贈る際は特に注意して、わからなければ、両親に聞いてみるのが良いでしょう。

 

また、内祝いに凝りたいという人もいるかもしれません。
中には、赤ちゃんの写真立てを送る人もいると聞いたことがありますし、そのようなギフトも存在しますが、祖父母や近い親戚でもない限り、喜ばれることは少ないでしょう。
タブーではありませんが、逆に自分が送られてどうかということも、よく考えて選ぶのが良いでしょう。

最後に

マナーは、言葉と同じように、時代や地域によって変化していくものです。

 

ご紹介したように、出産内祝いの意味も、以前とは、意味が変わりました。
ですが、地域や家によっては、まだまだ本来の意味のまま使われていることもあります。
ここでご紹介したマナーが絶対正しいんだ!ということはないので、ご自分の住んでいるところでは、どう行われているのか、親や周りの人に聞いてみるのも、良いでしょう。

 

また、出産内祝いは、品物よりも、気持ちをこめることが重要です。
気持ちのこもったものであれば、それは人に通じるものです。
我が子の誕生を一緒に喜んでくれる人に、心からの感謝をこめて、贈るようにしましょう。

 

このページの先頭へ戻る