出産内祝いに商品券を贈るのはマナー上失礼にあたる?

出産内祝いに商品券を贈るのはマナー上失礼にあたる?

出産内祝いに商品券を送るのはどう?

出産のお祝いをいただいたら、落ち着いたときに今度は出産内祝いとしてお返しをしなくてはいけません。
面倒だなと思う人もいるかもしれませんが、いただいたらお返しをするのが日本の古くからの風習ですし、出産というおめでたい慶事に何もないのも寂しいものです。

 

最近では、出産内祝いに、商品券を贈るということが多くなってきましたが、これはマナー上、失礼になったりしないのでしょうか?
今回は、そのあたりのことについて見ていきましょう。

 

出産内祝いに商品券を贈るのはどう?

商品券を内祝いにすること自体は、悪いことではありません。
もらう側にとっては嬉しいという人のほうが多いというアンケート調査もあります。
趣味に合わないものを贈られるよりも、商品券のほうが好きなものを買えていいという意見もあります。

 

おおむね好評なようですが、人によっては「お金に困っていると思われている」と取る人もいるようですので、親しい友人以外は、避けたほうが無難だともいえます。

 

また、商品券は、目上の人に贈るのは失礼にあたります。
お祝いをつき返す行為だったり、見下す行為だと取られてしまうこともあります。
古くからの友人でもあり、普段から親しい付き合いがある方であったりするのでなければ、やめておいたほうが良いかもしれません。

 

出産内祝いは何を送るのが良い?

上記で、出産内祝いは、商品券を選ぶのもありだとご説明しました。
それでも、商品券だけ渡すのは気が引ける、という場合もあると思いますし。

 

そんなときは、何かプラスワンを添えてみると良いでしょう。
たとえば、デパ地下のスイーツであったり、おしゃれなバスグッズや、お酒を嗜む方であれば、お酒やグラスなども良さそうです。
好みが良く分からない、という場合は、おしゃれなカタログギフトという手もありですね。

 

自分のことを思いやって選んでくれたんだな、と相手に思ってもらえるような、そんな心遣いが出来る贈り物になるように心がけましょう。

 

最後に

贈り物は、相手のことを思いやって贈るものです。
その人のことを選んで送ったものなら、きっと気持ちも伝わるはずです。

 

困ったのなら、周りの人はどんなものを贈っているのか、訊いてみたり、インターネットで検索したりしてみると良いでしょう。


このページの先頭へ戻る