出産内祝いのマナーを教えて!熨斗(のし)の表書き・名前の書き方

出産内祝いのマナーを教えて!熨斗(のし)の表書き・名前の書き方

出産内祝いののしはどうすればいい?

お祝いや内祝いなどは、よく熨斗(のし)をつけて贈るといいます。
デパートなどでは「熨斗をつけますか?」と聞かれることもありますし、大抵の百貨店では表書きを専門に行う担当者がいます。
慶弔事で相手に贈り物をする際は、この熨斗をつけるのが一般的であり、礼儀でもあります。

 

では、出産内祝いの熨斗は、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

慶弔事には熨斗をかけるのが古くからの習わし

よく、「熨斗」という言葉を聞きますが、ここでいう熨斗とは、熨斗紙のことです。

 

出産内祝いの熨斗

本来、熨斗とは贈答品に添える飾りの事を指します。
祝儀袋などの右上のほうについている、紙を細長く折って作られた飾りが、熨斗です。
昔は、「御祝」などの贈る理由と、贈り主の名前を書いた掛け紙をかけ、水引と呼ばれる紐でくくり、掛け紙の右上に熨斗を添えていました。
現在ではこれが簡略化され、熨斗と水引が印刷された「熨斗紙」が一般的なギフト包装の形となっています。

 

わざわざ、包装紙が隠れてしまいそうなくらいの大きくて豪華な水引をつけた熨斗もありますが、悪目立ちしますので、印刷されたのし紙のほうで十分です。
一般的な形で贈るようにしましょう。

 

出産内祝いの熨斗と水引のマナー

出産内祝いの熨斗紙

昔からの習わしですから、決まり事もあります。
お祝い事の内容によって異なるものですので、注意しましょう。

 

出産内祝いの場合は、表書きにの上の段には「内祝」あるいは「出産内祝」と書き、下段には、赤ちゃんの名前を入れます。
これは、出産内祝いが赤ちゃんの誕生のお披露目も兼ねているからです。
昨今は、一見して読めないような漢字が多く使われていますので、ふりがなも忘れずに入れておくのが良いでしょう。
ですが、それでバランスが悪くなるという場合は、メッセージカードに添えるようにしましょう。

 

水引は、何度繰り返しても良いお祝い事という意味を持つ、紅白の蝶結びを使います。

 

また、包装紙の中にのし紙をかける内のしと一番外に掛ける外のしのどちらを選ぶか、迷うこともあるでしょう。
出産内祝いの場合は、内のしにするのが一般的です。
内のしにすると、宅配便で贈る際などに熨斗紙が傷つかなくてすむので、良いとされています。

 

最後に

自分たちのオリジナリティを発揮したいというのも、出産内祝いにはありがちです。
ですが、子どもの名前のお披露目でもありますから、豪華にいくのではなくシンプルにいきたいものです。

 

のし紙については、百貨店などのお店であれば、聞けば教えてくれますし、希望も聞いてくれます。
カタログギフトをネットで注文する場合も、のし紙対応を行っているところがほとんどですので、安心して任せることが出来るでしょう。


このページの先頭へ戻る