出産内祝いを親に返さないのはマナー違反?

出産内祝いを親に返さないのはマナー違反?

出産というのは人生の慶事の中でも一番喜ばしいことです。
それは各方面からお祝いされることからも、特別なことだというのがよくわかります。
特に、生まれた子の祖父母に当たる、皆さんの親からは、特別なお祝いをいただくことも多いでしょう。
親に出産祝いをいただいた場合、お返しをどうすれば良いか、悩む方も多いと思います。
特に、今までは何でも親に聞いてきたけど、今回ばかりはさすがに訊けない…。
そんな方向けに、今回は親への出産内祝いはどうすればよいか、見ていくことにしましょう。

 

出産内祝いは誰にでもするのがマナー?

基本的な考え方として、お祝いをいただいたら、すべての人にお祝い返しをするのがマナーであり、基本です。
本来、出産内祝いはお返しではなく、お披露目の意味を込めてこちらから先に贈るものでした。
それがいつの間にか、お祝いに対するお返しとなったのです。

 

お祝いを下さったのですから、相手が誰であれ、お礼と、お祝い返しを贈るのが礼儀です。

 

出産内祝いを親に返さないのはマナー違反?

出産ですから、実の親と義理の親がいます。
どちらからもそれなりに高額な出産祝いをいただくことでしょう。

 

今まで実の親に甘えてきたことも多く、実の親ならまあいいか、と思ってしまいがちですし、一般的に、親の方としても、あまり期待していないことが多いようです。
ですが、「お返しはいいから。そんなお金があったら赤ちゃんに何か買ってあげて。それと向こうの両親にはちゃんと内祝いはするようにね。」と、言われることが多いです。
それをお互いの両親に言われることが多いので、いいから、と言われていても、出産内祝いは贈っておいた方が良いでしょう。

 

内祝いは、身内の祝いと考える地方もあるので、住んでいる、あるいはその地方の風習に従うのが良いでしょう。
また、厳格な人であれば、そういったことをきちんとすべきだと考えている人もいますので、そのあたりは、両親の人柄を見極める必要がありそうです。
今の時代、古びた風習はもういいから、という風潮もありますが、きちんとしていればポイントアップとなります。
親に返さないのはマナー違反という気持ちを持って、内祝いをきっちりするほうが、ポイントを稼ぐことはあっても、マイナスになることはありません。

 

親に対しての出産内祝いの相場は?何を贈るのがいい?

赤ちゃんの写真

親としては、出産祝いは自分の子のため、ということもありますが、可愛い孫に対して贈る、という気持ちも大きいです。

 

出産でこれから物入りだから、と高額のお祝いをくれることも多いです。
なので、他の方への出産内祝いと同じ感覚で、半返し〜3分の1返し、と考える必要はあまりないでしょう。
「お返しはいらないから」という親であれば、高額なお祝いを贈ったら「何のためのお祝いかわからない」と思う人もいます。
もちろん、お返しのマナーなどに厳しい方であれば、きちんと一般的な額をお返しするのが良いです。

 

親へのお返しは、あまり値が張るものでなくて良いので、「ありがとう」という感謝の気持ちが伝わるようなものが良いでしょう。
最近では、孫の顔の写真や名前が入ったギフトを簡単に作ることも出来、お酒やジュースやお菓子などの消えものであっても、ラベルを記念に残しておけたりするので、そういったものが人気なようです。
他の人へのお返しにはちょっと重いかな、と思われがちな名入れギフトも、両親だと嬉しい人が多いようです。
お返しを贈る際も、一緒に孫の顔を見せに行くと、とても喜ばれるでしょう。

 

最後に

出産祝いのお返しを両親に対してするべきかどうかについて、お話ししました。
これからもずっと付き合っていく両親ですから、ちょっとしたものでも、喜ばれる内祝いを贈ると、今後の付き合いもスムーズに行くでしょう。


このページの先頭へ戻る